コバシルとは

コバシルというのは、協和発酵キリンの出している高血圧症治療薬です。
血圧を上昇させる原因である、アンジオテンシンという物質が作られるのを防ぐ薬です。
血圧を下げる効果は強力で、従来の降圧剤では効き目の薄かった高血圧症に効くと言われています。
また他の降圧剤と併用することで、より効果が得られます。
コバシルには、いくつかの種類があります。

カプトプリル製剤は、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の最も代表的な薬で、末梢血管を拡張させる作用、ナトリウムを排泄させる作用によって血圧を下げます。
副作用の神経症状(ふらつきなど)が起こりにくく、体内の糖や脂肪に対する影響の少ない薬です。

アラセプリル製剤は、カプトプリル製剤の効果に持続性を持たせたもので、安定した降圧効果があります。
シラザプリル製剤は、速やかに吸収されて長時間効果が続くため、1日1回の服用で良好な血圧コントロールが得られます。
タナトリルは、糖尿病性腎症の治療にも用いられます。

コバシルには副作用があることも知っておかなければなりません。
まず白血球減少による血液障害、発疹などのアレルギー症状、血管浮腫が現れることがあります。
このような場合、使用を止めてすぐに医師に相談してください。

また薬によって、めまい・発熱・味覚障害・けいれん・咳・意識障害などの症状が起こることもあります。
このような場合も、使用を止めてすぐに医師に相談してください。

コバシルの使用上の注意をまとめます。
錠剤と細粒で食後の服用が原則です。
1日の服用量や回数については、医師の指示にきちんと従って下さい。
勝手に中止したり、減量や増量するようなことは厳禁です。

効果が変わってしまうため、噛んだり潰したりして飲んではいけません。
減塩やエネルギー制限など指示された食事療法は必ず守って下さい。
また飲酒によって血圧が下がりすぎることもあるので、服用する場合はお酒を飲まないで下さい。